よくある質問(Q&A)

BLSプロバイダー講習の受講を検討している者です。いくつかの協会でこの認定講習をされていますが、受講時間にばらつきがあるのはなぜですか?

プロバイダーコースの講習時間についてですが、 私どもは受講者の皆様の技術習得を最大の目標としておりますので、受講者1名に1体のマネキンを基本としています。一般的には、1体のマネキンを3人で交代で練習することが多いようです。そのため私どもの講習は短い時間ですが、練習量は多いはずです。参考まで、アメリカAHAが提示しているプロバイダーコースの所要時間はマネキンを3人で使った場合で4~6時間程度となっています。

昨年に他団体にてICLSコースを受講済ですが、ACLSプロバイダーコースの受講は出来ますか?

ICLS受講済みであれば、『当該ガイドラインに基づいたAEDを用いた質の高いCPRが実施できる方』に当てはまりますので、ACLSプロバイダーコースの受講用件に合致します。ご受講下さい。

私は以前より救命救急に興味があり、学生のうちにACLSプロバイダーコースを受講してみたいと考えておりますが、医学生でも受講可能でしょうか?

ACLSコースは、医学生でも受講可能です。受講対象は医師や看護師などの医療従事者が対象ですが、興味があれば受講することができます。医学生のうちにしっかりとしたAHAガイドラインを習得することが、今後の学習にポジティブに結びつくと考えております。
医学部三年生であれば、解剖学や生理学といった基礎医学の学習がある程度進んでいると思います。臨床的な知識が少なくても十分にACLSを学べます。事前学習として、ACLSプロバイダーの教科書をしっかり読んで理解した上でプレテストを終了してください。また「 受講前の自己評価 修了結果」と「受講前準備チェックリスト」の提出が必須条件となります。

CATSのコースを受講するとバッヂはもらえますか?

次のコースをCATSで新規に受講されるとバッヂが授与されます。
AHA(BLS、ACLS、PALS): AHA公式バッヂ
ICLS、ICLS-WS: CATSオリジナルバッヂ
NAEMT(AMLS、PHTLS、GEMS)SEMT,CREMT,患者安全Teamsim(Step1,3):JSISHバッヂ

NAEMTコースに興味があるのですが、テキストは全て英語となっています。英語は出来ませんが、それでも購入は必須でしょうか?英語が分からなくても受講は可能でしょうか?

NAEMTコースのテキストは、できるだけ購入をお勧めしておりますが、購入必須ではありません。コース前に、事前学習として、PreTest(プレテスト)の日本語訳ををお渡しします。質問に対して、書籍やWebなどで調べながら十分に学習をして頂ければご受講は可能です。コースは日本語で行われますので、英語が分からない方でも修了をされています。

コースを見学したい

見学したいコースを一度CATSで受講された方でしたら見学可能です。ただし、人数に制限がありますので、事前にお問い合わせください。(お弁当・オアシス代を頂きます。コースにより、1000円~2000円)
「患者急変対応 for Nursesコース」(KIDUKI)とプレホスピタルにおける「周産期救急対応・搬送コース」(iPED)は見学を受け付けておりません。

ICLSコースを受講しました。インストラクター取得に向けてコースに参加したいのですが、どのような手続きが必要ですか?

今後インストラクターになるための手順は「日本救急医学会」のホームページに記載されておりますのでそちらをご覧ください。CATS主催のICLSコースにアシストでご参加する場合は当ホームページ「インストラクター・アシスタント参加」からお申込みをお願いいたします。