PHTLSプロバイダーコース

Prehospital Trauma life support PHTLSコースは外因性障害のある患者の評価を順々に進めていき、患者の緊急度や病態を判断し、可能な限り状態の安定を図りながら、適切な施設へ収容する事を目的にしています。実技を中心に行ないますので、評価法さらに対処も学ぶことができます。

 概要

 PHTLSコースは外因性障害のある患者の評価を順々に進めていき、患者の緊急度や病態を判断し、可能な限り状態の安定を図りながら、適切な施設へ収容する事を目的にしています。実技を中心に行ないますので、評価法さらに対処も学ぶことができます。 _患者の評価はAMLS Assessment Pathwayの手法を使用しますが、これは現場の状況や患者の状態を丁寧に観察し、質問を行ないながらチェックしていく事で、見落としがなく的確に行動するためのmaterialです。 _PHTLS教科書 Division 2: Assessment and Management の章を学習して頂きますが、添付する内因性疾患でのAMLS Assessment Pathwayを参考にしてください。 _この評価法を応用しながら、PHTLSコースでは、次のような外傷疾患のシナリオ演習と実技演習を行ないます。

 受講対象者

 受講条件:研修医、看護師、医師、救急隊員のいずれかの方。

 修了試験

 実技試験・筆記試験があります。筆記試験は四者択一式で76%以上の正解が必要です。

 修了証

 本コースの全課程を修了し、筆記試験・実技試験に合格すると、4年間有効のNAEMT認定 PHTLSプロバイダー カードが発行されます。

 教材・その他

 下記の教材は受講生各自でご用意いただきます。
Phtls: Prehospital Trauma Life Support 9thEditon

 CATS PHTLSコース受講までの流れ

コース当日までに事前学習をしていただく必要があります。お申込み後に受講料のご入金をしていただいた方に、事前資料のご案内をします。
事前資料は、NAEMT プレテストとJSISHオリジナル事前学習資料になります。プレテストは「テスト」ではありますが,受講に先立ちご理解いただくことが不可欠な内容となっておりますので,テキストをご参考になって納得行くまで解答されることをお勧めいたします。

  • ホームページのフォームからお申込み頂くとメールにて受付のご案内をお送りします。
  • 受講会費お支払いのご案内をお送りしますので、期限までにお願いします。
  • 受講2か月~1か月前に事務局から事前学習資料(PDFファイル)のご案内をします。
  • NAEMT受講者登録(Student Self-Registration)をして頂きます。(メールにてご案内します)
  • プレテストを解いて解答用紙に記入(コース開催当日の朝に提出)

キャンセルポリシーはこちらから AHAやJAAMなどのコースとキャンセルポリシーが異なりますので、ご注意ください。

 米国救命士協会(National Association of Emergency Medical Technicians:NAEMT)。 日本のJSISH-NAEMTトレーニングサイトも合わせてご確認ください。