ICLSコース (日本救急医学会 認定コース)

「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標とした蘇生トレーニングを行います。

 概要

 医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。心臓血管系の緊急病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としています。講義室での講義はほとんど行わず、実技実習を中心としたコースです。受講者は少人数のグループに分かれて実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、約1日をかけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけます。身につける行動の目標は以下の通りです。

  • 蘇生を始める必要性を判断でき、行動に移すことができる
  • BLS(一次救命処置)に習熟する
  • AED(自動体外式除細動器)を安全に操作できる
  • 心停止時の4つの心電図波形を診断できる
  • 除細動の適応を判断できる
  • 電気ショックを安全かつ確実に行なうことができる
  • 状況と自分の技能に応じた気道管理法を選択し実施できる
  • 気道が確実に確保できているかどうかを判断できる
  • 状況に応じて適切な薬剤を適切な方法で投与できる
  • 治療可能な心停止の原因を知り、原因検索を行動にできる
 受講対象者

あらゆる医療者が対象になります。これまで、医師、看護師、救急救命士だけではなく、歯科医師、臨床検査技師、医学部学生など様々な医療関係者が受講しています。
医療職ではない一般の方は、一次救命処置の講習会をぜひ受講され、心肺蘇生(心臓マッサージと人工呼吸)法とAED(自動体外式除細動器)の使用方法を身につけて下さい。
※受講はできても認定インストラクターに推薦することはできません。

 修了証

 コース終了後に「日本救急医学会」認定 修了証をお渡しいたします。

 教材と事前学習について

 改訂第4版日本救急医学会ICLSコースガイドブック(教材は受講生各自でご用意ください。)

 コース開催前に、Eラーニング(事前学習)をご案内します。 Moodle(Eラーニングプラットフォーム)を使用して、事前にプレテスト、資料や動画の閲覧が可能です。

看護師限定ICLSコースについて

学びの効果・効率・魅力を高める工夫

  • Academic Learning Time (ALT、コースの時間の中で受講者一人ひとりが実際に練習に集中している時間)を最大化する工夫を採用しています。
  • 心停止後の10分間の対応だけでなく、病状から急変・心停止を予測しプランBを使った病状変化の判断と蘇生の仕方を学びます。
  • 受講者の学習を支援するために、受講者が経験しそうなシナリオを用いて練習します(受講者ごとにシナリオを準備します・申込みの際に「整形外科病棟勤務」「消化器内科外来勤務」「内科・小児科医院勤務」などシナリオ作成に必要な情報提供をお願いいたします)。
  • 看護実践のなかですべての知識を学習します(アルゴリズムなど教科書的な知識の講義はありません・常に患者が見える状況で知識を更新していきます)。
  • 思考の言語化をとおして学びの効果を高めます。
  • 提案型SBARを用いてチーム蘇生の効果を高めます。
  • 「できた」ことを味わう振り返りの仕方を学びます。

※教材、修了証については、通常のICLSコースと同様になります。
※参考図書  看護学生・若手看護師のための 急変させない患者観察テクニック?小さな変化を見逃さない! できる看護師のみかた・考え方

「患者安全ICLSコース for Nurses」は、「看護師限定」のコースを選択してください。
受講者ごとにシナリオを準備します。
申込みの「連絡事項」の欄に「整形外科病棟勤務」「消化器内科外来勤務」「内科・小児科医院勤務」などシナリオ作成に必要な情報提供をお知らせください。

現在開催の予定はございません。