HS(ハートセイバー)コース

急病やケガ、突発的な事故の応急処置法を学習します。
ハートセーバーファーストエイドコースとハートセーバーCPR-AEDコースがあります。

 概要

ハートセイバー・ファーストエイドコースは,職場などで起こりがちな事故やケガ、急病への対応法(応急処置)を学ぶコースです。
受講者は,応急処置について学び,緊急事態が発生してから救急医療サービス(EMS)が到着するまでの数分間に必要となる,重要なスキルと知識を学習できます。

ハートセイバー・CPR-AEDコースは、緊急時に対応が求められる職業人(非医療職) を対象とした心肺蘇生法+AED(自動体外式除細動器)の使用法を学ぶ実践トレーニングコースです。

 特徴

ファーストエイドコース:

  • 応急処置の基本
  • 内科的な緊急事態
  • 外傷による緊急事態
  • 環境要因による緊急事態
  • オプションの筆記試験

CPRAEDコース:

  • 成人の CPR,AED の使用
  • 窒息状態からの救助
 受講対象者 (共通)

緊急時への対応責務のある市民、厚生労働省が定める一定頻度者(学校教職員、保育士、児童施設職員、福祉関係者、スポーツトレーナー、旅行添乗員、警備員等)
※医療従事者にはBLSプロバイダーコースをおすすめします

 修了試験 (共通)

オプションで筆記試験があります。

 修了証

2年間有効のAHA公式ハートセイバー・ファーストエイド又はCPRAED認定カードが発行されます。

CPRAEDコースでは、公式ピンバッヂが付きます。

 教材・その他 (共通)

下記の教材と器材は受講生各自でご用意いただきます。

ハートセイバー ファーストエイド CPR AED 受講者用ワークブック AHAガイドライン2015 準拠