救急活動プロトコール 日本医療教授システム学会総会 併設コース

救急活動プロトコールとは

救急隊員を対象としたコース。
活動基準のプロトコールに準拠した質の高い救急活動を行うための考え方のシミュレーションコース

受講対象

おもに 病院前救護に従事する消防職員

特徴

救急隊はさまざまな傷病者の病院前救急医療を担いますが、「傷病者の観察、判断、処置、病院選定、搬送を系統立てて進める考え方と手順」について学習する機会は限られています。
心停止と外傷の傷病者への対応の手順はアルゴリズムやプロトコールとして標準化されていますが、心停止でもなく外傷でもない内科疾患の傷病者への対応には一定の手順が示されていません。
本コースは救急隊員が内科疾患に対する標準的アプローチ法を学習することを目的に開発されています。

開催日時・場所・費用

◆開催日時: 2016年3月5日(土) 12:30-16:00
◆会場  : 東京医科大学病院 教育研究棟
東京都新宿区西新宿6-7-1
◆受講料 : 8,000円 CATS会員は5,000円
(CATS会員ご入会はこちらから ⇒ CATS会員申込み
※学会参加費別途 こちら をご参照ください
ただし、5日の併設コースのみの参加者は学会参加費は不要です。

 

 

CATS映像

越谷LSイベントカレンダー

患者安全トレーニングプログラム

インストラクター会員サイト