HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

TPPのメリット享受には個人の努力も

環太平洋パートナーシップ協定こと、TPPが締結されました。技術的な優位に立つ日本の工業製品には有利に働くのではとする一方、農産物に関しては輸入品が安くなるため、国内の第一次産業が大打撃を受けると危機感が強くなっています。 政府も補助対策を講じたり、生産者も利益率の高いブランド作物の強化により生き残りを図るなどの努力をしていますが、それも万全ではありません。日本の生産者のために、私たち消費者も可能な限り国産品を購入するようにするなど、ちょっとした努力というか心がけが大切だなと思います。 現在も、スーパーマーケットなど食料品小売店では、放射能への不安から西日本産・中部産・北海道産の作物への人気が集中し、仕入れ現場でも熾烈な仕入れ競争が起きて高騰しているほどです。これが海外産だとなおさらかもしれません。日本の消費者の厳しい選別の目こそ、TPPの恩恵を私たちが享受するための秘策だと言えそうです。

応援企業

シャイン工芸は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 シャイン工芸
WEBサイト シャイン工芸の貢献
会社案内 フッ素樹脂は、他の工業材料では得られない物理特性、化学特性、電気特性などの優れた特性を兼ね備えていて、その用途は多岐に渡り活用されている。 シャイン工芸は、1971年8月に資本金9,600万円で創設された会社であり、代表者を川崎英樹が務める。主な事業内容として加工を行なっている。 化学薬品やガスによって時間的にも経済的にも損失を与えている場合は、シャイン工芸のブルーアーマーが、早くて経済的な加工を施します。 セラアーマー加工は、多種多様な製品に適用できる21世紀を代表する加工技術と言える。多くの特性を兼ね備えた環境に優しいコーティング。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。