最新情報

埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド 「痙攣・窒息・心筋梗塞」コース 開催報告

1月17日 獨協医科大学越谷病院 高架下会議室にて埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド「痙攣・窒息・心筋梗塞」コースが開催されました。
新たに作成された「痙攣・窒息・心筋梗塞」の事例映像教材のお披露目です。
症例の映像を見て、参加者みんなでディスカッションしながら多くの気づきを得ました。
皆さんにも映像用材を見ていただきたい、次回はもっと多くの方のご参加をお待ちしております。
***********************************************************
受講された方々の声

「いざというときに慌てないように勉強しておかないと、と思う反面遭遇する事もなかった為避けていたように思います。自分も年をとってきますし両親の事などこれから益々心配ことがふえてくるので、このような機会に勉強し少しでも知識が増えて良かったです。」

「ありがとうございました。身近にあることが大事(おおごと)になりうる事を知りました。食べ物を詰まらせる事など良くありますが、流し込んでおしまいの状態でした。私には83歳の母がいますので参考になりました。また何かの機会があれば参加したいです。」

「簡単で分かりやすかった。119番の通報の練習もしてみたい。」

「急病やケガなどの現場に遭遇する機会が多く、傷病者に対してファーストコンタクトを取るのが一般市民であることから 一般市民が迷うことなく行動する為の講習会は非常に重要かと思っています。今後もいろいろなテーマで講習会を開催していただければと思っています。」

「救急車を呼ぶ症状やタイミングについて大変勉強になった。素人にも解りやすく友人や家族にも受講をすすめたい。少人数だったのでアットホームでよかった。」

「スクールAED」活動報告

2012年11月20日に獨協埼玉中学校・高等学校の高校2年生を対象に「スクールAED講習」を行いました。1時限目を利用した正味45分程度のCPR+AED講習です。CATS医療従事者向けコースのインストラクター34名がインストラクションを担当しました。

蓮田消防の皆様のデモンストレーションは以下よりご欄になれます。

第9回埼玉県東部地域救急フェスタ開催報告

 2012年9月29日(土)に吉川市総合体育館にて第9回埼玉県東部地域救急フェスタが開催され、我々NPO CATSも共催としてお手伝いさせていただきました。

 救急フェスタは、埼玉県東部地域メディカルコントロール協議会主催で毎年開催されております。今回は吉川松伏消防組合消防本部が事務局として活動しました。

 救急フェスタでは開催地域の一般市民を対象に無料で救命講習を行っております。第9回のテーマは「救急車が来るまでの8分間 命をつなぐあなたの勇気」でした。当日は成人のBLS訓練を200人、小児・乳児のBLS訓練を60人、合わせて260人が参加されました。また昼食時には松伏高等学校吹奏楽部の演奏もあり、大変盛況に終わりました。

 

埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド「脳卒中・熱中症」コース 開催報告

9月25日 獨協医科大学越谷病院 高架下会議室にて埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド「脳卒中・熱中症」コースが開催されました。

今回は前回の「脳卒中」に加え新たに「熱中症」の事例映像教材が追加されました。

症例の映像を見て、受講生から次々と症状の気付きや変化の指摘がありました。

ディスカッションも盛り上がり、楽しい学びの場をもてました。

***********************************************************
受講された方々の声

「とてもわかりやすく、勉強になりました。子供や両親にも今日の事を教えたいと思います。」
「知っているようで細かくは知らなかったので、また他の事でも勉強したいです。」
「Nsでしたが初期対応あまりしなかったので(救命士さんがHpに連れてきてくださいますから)とても参考になりました。」
「文章だけの講習会と違い、映像を使った事により頭と心に残りました。」
「是非又参加したいです。」
***********************************************************

教職員AED&FA

8月31日 獨協中学・高等学校にて、教職員対象のAED&ファーストエイド講習会を開催いたしました。

市民対象「脳卒中」コース開催報告

_6月12日 獨協医科大学越谷病院 高架下会議室にて埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象「脳卒中コース」が開催されました。

_「脳卒中」の事例・教材をもとに、「症状の判断から119番の通報訓練・救急車を待つ間に出来ることを身につける」を目標に、座学と実習を交えた講習会です。

救急セミナー

救急セミナー2受講された方々の声

「初めてですので本当によかった」

「救急に備えて常に自分の住所、電話番号を慌てないで通報出来るように大きな文字で書き記しておくことが大切」

「今日はいろいろと勉強をさせていただきまして、ありがとうございました。3か所の注意点をよく見て行動したいと思います。自分のケイタイ番号が分からないので、メモをケイタイに張っておきます。」

「大変勉強になりました。ありがとうございました」

 

「スクールAED」の活動報告

獨協埼玉中学校・高等学校の中学2年生を対象に「スクールAED講習」を行いました。1時限目を利用した正味45分程度のCPR+AED講習です。CATS医療従事者向けコースのインストラクター23名がインストラクションを担当しました。

120529schoolAED01

120529schoolAED02

120529schoolAED03

120529schoolAED04

 

「スクールAED講習」の活動報告です

獨協埼玉中学校・高等学校の高校2年生を対象に「スクールAED講習」を行いました。1時限目を利用した正味45分程度のCPR+AED講習です。CATS医療従事者向けコースのインストラクター36名がインストラクションを担当しました。毎回、新たな工夫を取り入れインストラクターとして成長を遂げています。フォト・ビデオクリップはこちら。

「ファーストエイド講習」(応急手当講習)の教材として「脳卒中」のムービーを撮影しました

一般の方を対象とした「ファーストエイド講習」(応急手当講習)の教材として「脳卒中」のムービーを撮影しました。CATS・一般の方向けの講習会、および救急隊員向けのトレーニングコースで使用したいと考えています。脳卒中だけでなく、内因性疾患と外因性疾患及のムービーも撮影予定(全シリーズの完成は来年夏を予定しています)。2年前にCATSで作成した「愛する人を救うために-脳卒中になったとき」のアニメ・歌はこちらから。

第3回日本こころとからだの救急学会学術総会での成果発表のご報告

第3回日本こころとからだの救急学会学術総会で、CATSも参加した「東日本大震災の被災者の健康を守り重症化を防ぐための一斉健診プロジェクト」の成果発表を行いました。演題は「避難所生活者の健康管理支援活動」で、今年の5月下旬から継続的に行っている埼玉県加須市・旧騎西高校に避難中の福島県双葉町の住民に対して行った健康診断・健康相談の成果を発表しました。

CATS映像

越谷LSイベントカレンダー

患者安全トレーニングプログラム

インストラクター会員サイト