最新情報

埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド 開催報告

2014年2月13日 越谷ラーニングスタジオにて

埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド「アナフィラキシー」講習会が開催されました。

3ヶ年かけて実施した本事業もこの講習会をもって終了となります。

本事業によってCATSが作成した映像教材を使い市民インストラクターが講習会を開催するまでに至りました。

事業は一旦の終了をみますが、来年度も地域医療リテラシー向上を目指し、本事業で得た成果を拡充し講習会の企画をしていきたいと思います。

市民講座「救急医療の上手な活用法」@2月 開催報告

2014年2月12日 第3回市民講座が開催されました。

今回は場所を移して越谷ラーニングスタジオにて。

受講生様からのご紹介で、着実に常連様が増えています。

 

今回のテーマは、【慢性と急変】。

たとえば、寒くなるとよく胸が重くなる受講生さん。「同じ」ような重みが「よく」あることなのでこれは【慢性】。

それが、今日は「いつになく」痛みが強いというときは【急変】=救急車を呼ぶ。

自分や家族の普段の様子をよく知らないと、急変に気付けないということにも気づいていただきました。

 

来月も(3月12日(水))越谷LSで15時からの開催が決定しました。

皆様、是非ご参加ください!!

 

市民講座「救急医療の上手な活用法」@1月 開催報告

 

 

 

 

 

 

2014年1月15日 越谷サンシティホール にて市民講座を開催しました。

先月も行われた講座の第2弾です。

講師はNPO CTASの代表「獨協医科大学越谷病院 救命救急センター長 池上敬一先生」

参加者のリクエストにより「鼻血」と「お酒を飲んでふらっとした時」の対処法を具体的に教えて頂きました。

身近なテーマだけに、質疑応答も活発に行われ、大変ご満足いただけました。

また、本日の実技は「脈をとる」
手首と頸動脈でのとり方と、15秒の拍数×4で出すことを覚えていただきました。

次回は2月12日(水)3時より、場所を変えて越谷ラーニングスタジオでの開催が決定!!

皆様、是非ご参加ください!!

 

 

 

市民講座「救急医療の上手な活用法」 開催報告

2013年12月18日 越谷サンシティホール にて市民講座を開催しました。
講師はNPO CTASの代表でもある「獨協医科大学越谷病院 救命救急センター長 池上敬一先生」
救命医療の現場で働く医師の想いを、市民の皆様に直接届けていらっしゃいました。
また市民の皆様からも

「なぜ家の目の前の病院に搬送してもらえないの?」

「なぜ救急車のたらい回しは起こるの?」 等の日頃の疑問が続々と・・

池上先生の市民講座は定期開催を予定しております。次回は皆様も是非ご参加ください!!

 

 

「スクールAED」活動報告

2013年11月12日に獨協埼玉中学校高等学校の高校2年生を対象に「スクールAED講習」を行いました。1時限目を利用した正味45分程度のCPR+AED講習です。CATS医療従事者向けコースのインストラクター35名がインストラクションを担当しました。

蓮田消防の皆様のデモンストレーションは以下よりご欄になれます。

市民対象ファー-ストエイド「熱中症」講習会@社会保険労務士越谷支部

8月9日(金) 草加文化会館にてファーストエイド「熱中症」講習会開催致しました。
社会保険労務士越谷支部の集まりにてお時間を頂きまして、約1時間の講習会でした。

社労士の先生方は、顧客の健康安全も含めてお仕事をされているようで、関心を持って聞いていただけました。

 

 

 

市民対象ファーストエイド 「熱中症」コース 開催報告

7月26日 春日部湯元温泉内のアットワンスポーツにて 市民対象ファーストエイド「熱中症」コースが開催されました。

新たに手直しされた「熱中症」の映像教材を使用し、救命士を講師にお迎えしてコース開催を致しました。
映像を見ながら、参加者みんなでディスカッションし多くの気づきを得ました。

季節がら熱中症のニュースも毎日のように報道されています。

スポージムに通う方々は、人ごとではないと真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

***********************************************************

 

「スクールAED」活動報告

2013年5月21日に獨協埼玉中学校高等学校の中学2年生を対象に「スクールAED講習」を行いました。1時限目を利用した正味45分程度のCPR+AED講習です。CATS医療従事者向けコースのインストラクター22名がインストラクションを担当しました。

蓮田消防の皆様のデモンストレーションは以下よりご欄になれます。

埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド 「痙攣・窒息・心筋梗塞」コース 開催報告

1月17日 獨協医科大学越谷病院 高架下会議室にて埼玉県地域課題解決型協働事業 市民対象ファーストエイド「痙攣・窒息・心筋梗塞」コースが開催されました。
新たに作成された「痙攣・窒息・心筋梗塞」の事例映像教材のお披露目です。
症例の映像を見て、参加者みんなでディスカッションしながら多くの気づきを得ました。
皆さんにも映像用材を見ていただきたい、次回はもっと多くの方のご参加をお待ちしております。
***********************************************************
受講された方々の声

「いざというときに慌てないように勉強しておかないと、と思う反面遭遇する事もなかった為避けていたように思います。自分も年をとってきますし両親の事などこれから益々心配ことがふえてくるので、このような機会に勉強し少しでも知識が増えて良かったです。」

「ありがとうございました。身近にあることが大事(おおごと)になりうる事を知りました。食べ物を詰まらせる事など良くありますが、流し込んでおしまいの状態でした。私には83歳の母がいますので参考になりました。また何かの機会があれば参加したいです。」

「簡単で分かりやすかった。119番の通報の練習もしてみたい。」

「急病やケガなどの現場に遭遇する機会が多く、傷病者に対してファーストコンタクトを取るのが一般市民であることから 一般市民が迷うことなく行動する為の講習会は非常に重要かと思っています。今後もいろいろなテーマで講習会を開催していただければと思っています。」

「救急車を呼ぶ症状やタイミングについて大変勉強になった。素人にも解りやすく友人や家族にも受講をすすめたい。少人数だったのでアットホームでよかった。」

「スクールAED」活動報告

2012年11月20日に獨協埼玉中学校・高等学校の高校2年生を対象に「スクールAED講習」を行いました。1時限目を利用した正味45分程度のCPR+AED講習です。CATS医療従事者向けコースのインストラクター34名がインストラクションを担当しました。

蓮田消防の皆様のデモンストレーションは以下よりご欄になれます。

CATS映像

越谷LSイベントカレンダー

患者安全トレーニングプログラム

インストラクター会員サイト